Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術

富士通研究所は、不審な振る舞いをするIoTデバイスを検知、通信を遮断することで、IoTデバイス間の攻撃を防ぐあらたな技術を開発した。

同技術は、ゲートウェイで収集したIoTデバイスの運用情報に基づき、不審な振る舞いをするデバイスの通信を発見、遮断するもので、IoTデバイス間における攻撃の影響を抑えることを目的に開発した。

ゲートウェイでは、IoTデバイスやネットワーク機器の情報を収集し、リアルタイムに変化するIoTネットワーク全体のトポロジーを推定。サイバー攻撃などで発生する不正通信と、通信元のIoTデバイスを特定する。さらに不審なIoTデバイスの通信を遮断することで、感染源と見られるデバイスを隔離。同じネットワーク内にあるほかのデバイスに対する攻撃を防ぐ。

同社では、セキュリティ対策ソフトをインストールできないIoTデバイスを使用している工場などにおいて、従来の構成のままで導入できると説明。同社ではネットワーク製品「FUJITSU Network Virtuora」シリーズのゲートウェイ機能として、2018年度内の実用化を目指すとしている。

20180529_fl_001.jpg
あらたに開発した技術(図:富士通研究所)

(Security NEXT - 2018/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point