Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」

セキュリティ担当者を配備している企業が2割に届かないことがIDC Japanの調査により判明した。一方で6割以上の企業が既存の配置で十分と考えていたという。

20180516_ij_001.jpg
情報セキュリティ投資における前年度から見た増減率(グラフ:IDC Japan)

同社が1月に国内企業812社を対象に実施した情報セキュリティ対策に関する実態調査の結果を取りまとめたもの。

同調査によれば、情報セキュリティへの投資動向は全体では増加傾向にあるものの、61.8%の企業に関してはセキュリティ予算が確定しておらず、投資額は前年度と同水準であると回答した。

セキュリティ担当者を配備している企業は2割に届いていない。その一方で、6割超の企業が既存の人員配置で十分と考えていたという。

(Security NEXT - 2018/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表