Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校

コミュニケーションアートOCA大阪デザイン&IT専門学校は、セキュリティエンジニアを育成する4年制の専攻コースを設置すると発表した。

高度専門士を取得できる4年制の専攻コースに、セキュリティ技術を持つエンジニアを育成する「ホワイトハッカー専攻」を2019年4月より開設するもの。

同専攻コースでは、カリキュラムとしてセキュリティやネットワーク、ICTなどの基礎のほか、プログラミング、ITリテラシー、法令、コンプライアンスなどを学習。

企業からバグバウンティとしてセキュリティ調査の依頼を受け、学生が課題として実践的に学ぶ「産学連携教育」を行うほか、海外のセキュリティ関係企業に訪問し、特別講義などを受講する海外研修などを実施するという。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター