Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校

コミュニケーションアートOCA大阪デザイン&IT専門学校は、セキュリティエンジニアを育成する4年制の専攻コースを設置すると発表した。

高度専門士を取得できる4年制の専攻コースに、セキュリティ技術を持つエンジニアを育成する「ホワイトハッカー専攻」を2019年4月より開設するもの。

同専攻コースでは、カリキュラムとしてセキュリティやネットワーク、ICTなどの基礎のほか、プログラミング、ITリテラシー、法令、コンプライアンスなどを学習。

企業からバグバウンティとしてセキュリティ調査の依頼を受け、学生が課題として実践的に学ぶ「産学連携教育」を行うほか、海外のセキュリティ関係企業に訪問し、特別講義などを受講する海外研修などを実施するという。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発