Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を

D-Link製のベビーモニタ「DCS825L EyeOn Baby Monitor」では、リモートより悪用可能なコマンドインジェクションの脆弱性にくわえ、細工したUDPパケットでスタックオーバーフローを生じさせ、root権限を奪取できる脆弱性が存在。ベータ版のファームウェアで対応が行われている。

またバッファロー製のルータ「WSR-300HP」についてもコマンドインジェクションの脆弱性が見つかっているほか、Dahuaのネットワークカメラでは、パスワードの管理に問題があり、telnet経由によるコードの実行が可能だった。

こうした状況を受け、同社では適切なネットワーク設定や定期的なファームウェアの更新など、ユーザー側での対策を呼びかけるとともに、メーカーにおいても製造過程におけるテストや販売後に適切に運営されているか確認するなど対策が必要と指摘している。

20180418_tm_001.jpg
トレンドマイクロが脆弱性を確認したIoT機器

(Security NEXT - 2018/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビデオ会議システムやルータへの脆弱性攻撃を国内で観測 - 警察庁
まもなくMS月例パッチ - テレワーク環境での更新に注意
IoT機器向けゲートウェイ製品に複数の脆弱性
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
「IBM Watson IoT MessageGateway Server」に深刻な脆弱性
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
KeyWe製スマートロックに深刻な脆弱性 - 更新未対応で修正できず
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応