Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表

トレンドマイクロは、2018年の事業戦略を発表した。SOC支援ツールやIPS製品「XGen IPS」を展開するほか、IoTの普及を視野に個人や法人向けの事業に注力していく。

20180328_tm_001.jpg
事業説明会に登壇したChen氏(画面左)と大三川氏(同右)

法人向け事業では、すでに海外で販売している「TippingPoint」の技術をベースとしたIPS製品「XGen IPS」を本格的に国内で展開。SOCの運用を支援する「MDR(Managed Detection and Response)」ツールの開発を進め、SOCサービスを展開するベンダーやパートナー、大手企業向けに提供する予定。

一方個人向けでは、従来より展開しているホームネットワーク向け製品の拡販に注力。「コンシューマーSOC」をコンセプトに掲げ、製品やサービスからフィードバックされる情報を活用し、「プロアクティブなサポートサービス」を提供したい考え。

また5Gネットワークの実用化に向けて、通信事業者へNFV(Network Functions Virtualization)環境で動作する「Trend Micro Security VNF」を提供することを目指し、開発を進める。

代表取締役社長兼CEOのEva Chen氏は、台湾で事業を立ち上げ、11月15日に30周年を迎える2018年を「特別な1年」と説明。創業より変わらない「デジタルインフォメーションを安全に届ける」というビジョンのもと、事業を進めていくという。

(Security NEXT - 2018/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point