Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムの安全関連システムに関するセキュリティ向上を目的とした「制御システム セーフティ・セキュリティ要件検討ガイド」を公開した。

同資料は、制御システムの設計や開発、運用に関わる事業者が、安全性を確保しつつセキュリティ対策を講じるための基本的な考え方や手順を整理したもの。安全性では「IEC 61508」、セキュリティでは「IEC 62443」の国際規格に準じている。

セーフティとセキュリティを検討する際の基本的な考え方やプロセスのほか、車載システムや電力、鉄道、施設監視制御、ヘルスケア、産業ロボットなど分野別に、同ガイドを適用する際のポイントを解説している。

またガイドを参考に理解を深められるよう、ケーススタディによる解説も掲載。脅威分析を実施する際の分析シートのテンプレートも提供する。

(Security NEXT - 2018/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加