Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備

GMOペパボは、同社が提供するネットショップ運営サービスが不正アクセスを受けて個人情報が流出した問題で、調査報告と再発防止策を公表した。

同社が提供するネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」が不正アクセスを受けたもの。ショップ運営者の個人情報最大7万7385件が流出したほか、ショップ利用者に関する個人情報が外部へ流出した可能性があることが判明し、同社では外部専門家を交えた再発防止委員会による調査と再発防止策の検討を行っていた。

調査報告では、システム面とセキュリティに関するマネジメント体制に不備があったと説明。セキュリティに関するマネジメント体制では、社内規程は存在していたものの、詳細が定められておらず、リスクアセスメントの手順についても具体的な規定はなかったという。

システム面における原因については、ウェブアプリケーションが不正アクセスを受け、設置された不正プログラムが外部から実行されたことが明らかになっているが、詳細については「セキュリティリスクになり得る」として言及を避けた。

(Security NEXT - 2018/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス