Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か

ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」が不正アクセスを受け、同サービスを利用するショップ運営者やショップの顧客に関する情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同サービスを提供するGMOペパボによると、外部からの不正アクセスにより、同サービスを利用してネットショップを運営しているショップ運営者や一部ネットショップ利用者に関する個人情報が流出した可能性があることが1月9日に判明したもの。

同サービスを過去に利用したり、現在利用しているショップ運営者の個人情報最大7万7385件が流出した。氏名や法人名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、ログインID、ハッシュ化済みのパスワードなどが含まれる。

また2017年3月16日から2018年1月7日にかけて、同サービスの利用料金をクレジットカードで支払ったショップ運営者のクレジットカード情報最大9430件が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
学研の電子書籍配信サービスに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
しょうが関連製品通販サイトに不正アクセス - クレカなど個人情報が流出
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も