Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス

アライドテレシスは、米Norwich大学と提携し、セキュリティに関する人材育成事業を2018年第2四半期より開始する。

同社では、「NUARI(Norwich University Applied Research Institutes)」が開発した演習プラットフォーム「DECIDE Platform」を活用したサイバーセキュリティ対策の演習サービスを提供。複数業種向けに15種類以上のサイバー脅威に関するシナリオを用意している。すでに米国の政府機関や金融機関などで利用されているという。

また同社では、ペネトレーションテストを実施する「アライドテレシス サイバーセキュリティラボ」を設置。サイバーセキュリティに関する研究開発を進めるとしている。

(Security NEXT - 2018/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ