Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算

もっとも危険なサイバー犯罪の発生源を「国家」とており、サイバースパイ活動がもっとも盛んな国は中国と指摘。知的財産の窃取がサイバー犯罪被害の25%以上を占めており、軍需技術の窃取など国家安全保障に影響を及ぼす脅威であるとした。

またロシア、北朝鮮、イランでは、金融機関を標的とした攻撃が活発に展開されているという。

さらにエクスプロイトキットやボットネットの貸し出しなど、犯罪者向けのツールやサービスの市場も活況で、6000を超えるオンラインのブラックマーケットでは、ランサムウェアをサービスとして提供するいわゆる「RaaS」が普及していた。

(Security NEXT - 2018/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定