Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究

情報通信研究機構(NICT)、PwCサイバーサービス、中部電力の3者は、重要インフラにおけるサイバー攻撃の対策技術の共同研究を推進する。

今回の取り組みでは、重要インフラや制御システムに対するサイバー攻撃対策において、予兆の段階で検知、観測する技術の向上をテーマに研究を進める。

サイバー攻撃を可視化し、予兆を検知するシステム「NIRVANA改」を開発するNICT、サイバー攻撃のデータ収集やアセスメント、フレームワークの開発を手がけるPwCサイバーサービス、システムのセキュリティ監視を行う中部電力などそれぞれのノウハウを活かす。

具体的には、NICTのサイバー攻撃観測網とPwCサイバーサービスのフレームワークを連携。中部電力のシステムを実証フィールドとして活用し、実践的な研究を進めていく。

(Security NEXT - 2018/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
実践サイバー演習「CYDER」が追加開催 - NICT