Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「こんな時期に発注書?」仕事納めのタイミング狙うマルウェアメールに注意を

年の瀬の忙しい時期に届いた「発注書」。添付ファイルの中身はマルウェアかもしれない。身に覚えのないメールを慌てて開かないよう、あらためて注意が必要だ。

注意喚起を行った日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、多くの組織において仕事納めも間近な12月27日に、発注書のやりとりに見せかけ、添付ファイルでマルウェアを送りつける攻撃が複数確認されたという。

件名に「12月度発注書送付」などと記載されたメールが送信されており、本文には、「12月度の発注書を添付資料にてお送りさせていただきます」などと記載されていた。

また、「Re: 12月度発注書送付」「Fwd: 12月度発注書送付」など、あたかも返信や転送されたメールに見せかけるケースも確認されているという。

(Security NEXT - 2017/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
正規メール文面を悪用した「なりすましメール」を確認 - 神奈川県
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア