Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも

休暇明けは、持ち込みパソコンのチェックに限らず、期間中におけるセキュリティ更新プログラムの有無や、セキュリティ対策ソフトのアップデートなどを行った上で業務に取りかかる必要がある。システム管理者はログなどをチェックし、異常がないか確認する。

休暇明けは、休暇中に届いた大量のメールの対応に追われることも少なくない。そのような状況を見越して標的型攻撃メールに狙われる可能性もある。業務上のメールや問い合わせメールを装うケースもあり、添付ファイルやメール本文中のURLを安易に開かないよう、慎重に対処することが求められる。

また2018年は、マイクロソフトをはじめ、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する同年最初の「パッチチューズデー」が、日本時間1月10日に控えている。注意しておきたい。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市