Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携

シスコシステムズとオムロンは、制御システムのセキュリティ分野において技術提携することで合意した。オムロンのプログラマブルロジックコントローラ(PLC)にシスコのネットワークセキュリティ技術を組み込むという。

オムロンは今回の技術提携に先立ち、PLC製品「マシンオートメーションコントローラーNJシリーズ」に通信規格「OPC Unified Architecture(OPC UA)」を採用したモデルを、2018年1月上旬より出荷。

さらに今回の技術提携を通じて、オムロンのPLCにシスコのネットワークセキュリティ技術を組み込み、制御システムに関係するユーザーや機器、やり取りされる「データ」の3要素に対し、PLCが認証を行う環境の整備を進める。

具体的には、人の認証として「VPN」を活用。機器に対しては接続を検知し、不正な機器からの通信をブロックするしくみを提供する。また通信データを暗号化するほか、ネットワークを流れるデータを監視、可視化を行い、脅威を検知、記録できる環境の実現を目指す。

(Security NEXT - 2017/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表