Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀

群馬銀行は、顧客が送付したマイナンバー告知書などを、委託先が誤って裁断していたことを明らかにした。

同行によれば、投資信託や債権の取り引きがある顧客から提供を受けたマイナンバーの「告知書」のほか、マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードのコピー、住民票の写しなどの個人番号の確認用書類を誤って裁断したという。

いずれも9月20日から10月12日ごろまでに返送された書類で、本来ならば同行のシステムへマイナンバーを登録した後にシュレッダー裁断するところ、委託先が登録前の10月13日に封筒ごと誤って裁断。裁断後の紙片はすべて確保しており、外部への流出はないと説明している。

同行では対象者の特定を進め、順次個別に連絡を行っている。また、マイナンバーの再告知の手続きを依頼するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市