Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀

群馬銀行は、顧客が送付したマイナンバー告知書などを、委託先が誤って裁断していたことを明らかにした。

同行によれば、投資信託や債権の取り引きがある顧客から提供を受けたマイナンバーの「告知書」のほか、マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カードのコピー、住民票の写しなどの個人番号の確認用書類を誤って裁断したという。

いずれも9月20日から10月12日ごろまでに返送された書類で、本来ならば同行のシステムへマイナンバーを登録した後にシュレッダー裁断するところ、委託先が登録前の10月13日に封筒ごと誤って裁断。裁断後の紙片はすべて確保しており、外部への流出はないと説明している。

同行では対象者の特定を進め、順次個別に連絡を行っている。また、マイナンバーの再告知の手続きを依頼するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン