Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定

Adobe Systemsは、PDFファイルの作成や閲覧などを行う同社製品「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」に深刻な脆弱性が含まれていることを明らかにした。セキュリティアップデートを11月14日に公開する予定だという。

20171110_as_001.jpg
アップデートの公開予告を行ったAdobe

同社は、今回明らかとなった脆弱性について、重要度を3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティング。

10月15日にサポートが終了したばかりの「同XI」についても影響を受けるとしている。

アップデートは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、WindowsおよびMac OS向けにリリースする予定。適用優先度は、30日以内のアップデートを目安としている3段階中2番目の「2」としている。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Mozilla、「Firefox 105」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Atlassian Bitbucket」の深刻な脆弱性 - PoC公開で悪用リスク高まる
Zoomオンプレミス版に脆弱性 - 会議を盗聴されるおそれ
Zohoの複数ネットワーク監視製品にRCE脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見
米政府、行政機関にゼロデイ脆弱性2件への対応促す
Google、複数の脆弱性を修正した「Chrome 105.0.5195.125」など公開
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース