Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用

新種ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動が確認された問題で、同ランサムウェアがエクスプロイト「EternalRomance」を悪用していることがわかった。

複数のセキュリティベンダーが、同ランサムウェアが「Server Message Block(SMB)」の脆弱性を利用し、リモートよりコードを実行するエクスプロイト「EternalRomance」の悪用を確認したもの。

「EternalRomance」は、「WannaCrypt」で悪用された「EternalBlue」などとともに攻撃グループ「Shadow Broker」が4月に公開したエクスプロイト。米国家安全保障局(NSA)から流出したとされている。マイクロソフトでは、3月のセキュリティ更新「MS17-010」で脆弱性を修正した。

「Bad Rabbit」の攻撃に関しては、当初より「Petya」と同様に「Mimikatz」を利用し、SMB経由で感染を広げることが判明していたが、脆弱性の悪用はないとの見方が大方を占めていた。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
米政府、「OWASSRF」など悪用脆弱性2件について注意喚起