Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用

新種ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動が確認された問題で、同ランサムウェアがエクスプロイト「EternalRomance」を悪用していることがわかった。

複数のセキュリティベンダーが、同ランサムウェアが「Server Message Block(SMB)」の脆弱性を利用し、リモートよりコードを実行するエクスプロイト「EternalRomance」の悪用を確認したもの。

「EternalRomance」は、「WannaCrypt」で悪用された「EternalBlue」などとともに攻撃グループ「Shadow Broker」が4月に公開したエクスプロイト。米国家安全保障局(NSA)から流出したとされている。マイクロソフトでは、3月のセキュリティ更新「MS17-010」で脆弱性を修正した。

「Bad Rabbit」の攻撃に関しては、当初より「Petya」と同様に「Mimikatz」を利用し、SMB経由で感染を広げることが判明していたが、脆弱性の悪用はないとの見方が大方を占めていた。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存
「Cobalt Strike」不正利用対策で国際作戦 - 攻撃元IPアドレスを封鎖
ルーマニア拠点にサイバー攻撃、影響などを解析 - NTTデータグループ
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告