Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催

情報処理推進機構(IPA)と情報通信研究機構(NICT)は、12月18日に都内で「CRYPTRECシンポジウム2017」を開催する。

同イベントは、電子政府推奨暗号の安全性についての評価や、暗号技術の活用にあたって調査を行っているプロジェクト「CRYPTREC(Cryptography Research and Evaluation Committees)」の活動報告などを行うシンポジウム。

2016年度、2017年度の活動状況や、暗号技術の安全性評価や利活用に関する検討状況について報告する予定。

会場は品川シーズンテラスカンファレンス。参加費は無料だが、事前申し込みが必要。申し込みはメールで受け付けており、締め切りは12月13日17時。先着順で定員に達した時点で受け付け終了となる。イベントの詳細、申し込み方法などは、同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」