Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関して、ポイントなどを整理した資料を公開した。

20171030_js_001.jpg
サイバーセキュリティ情報共有における5W1H(画像:ISOG-J資料)

今回あらたに公開した資料は、「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」。

セキュリティ対策において、「情報共有」の重要性が指摘される一方、発展途上にあり、成熟したやりとりが行われていないケースもあるとして、十分な情報の発信や共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理した。

同資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。同協議会では、引き続き議論を深め、同資料を更新していきたいとしている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチが公開
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
3機関以外で政府情報の流出確認されず - 政府
外務省の検討資料が流出、個人情報も - 富士通との情報共有ツールで
NISC、「ProjectWEB」の不正アクセスで政府機関や重要インフラ事業者に注意喚起
国交省のシステム情報やメアド7.6万件が流出 - 委託先の富士通から報告
NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで
社内外で利用する「プロジェクト情報共有ツール」に不正アクセス - 富士通