Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関して、ポイントなどを整理した資料を公開した。

20171030_js_001.jpg
サイバーセキュリティ情報共有における5W1H(画像:ISOG-J資料)

今回あらたに公開した資料は、「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」。

セキュリティ対策において、「情報共有」の重要性が指摘される一方、発展途上にあり、成熟したやりとりが行われていないケースもあるとして、十分な情報の発信や共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理した。

同資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。同協議会では、引き続き議論を深め、同資料を更新していきたいとしている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
ワクチン接種委託先、情報共有ツールを公開設定で使用 - 奈良県
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
保育施設の資料を同姓の別人にメール送信 - 大阪市
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県