Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関して、ポイントなどを整理した資料を公開した。

20171030_js_001.jpg
サイバーセキュリティ情報共有における5W1H(画像:ISOG-J資料)

今回あらたに公開した資料は、「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」。

セキュリティ対策において、「情報共有」の重要性が指摘される一方、発展途上にあり、成熟したやりとりが行われていないケースもあるとして、十分な情報の発信や共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理した。

同資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。同協議会では、引き続き議論を深め、同資料を更新していきたいとしている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
すぐ返信も届く日本語BEC、国内攻撃本格化の兆候か
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
がん患者情報を誤送信、煩雑さ避けるため個人情報記載 - 横浜市立大病院