Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後

10月24日にあらたなランサムウェア「Bad Rabbit」の拡散が観測された問題で、米Symantecでは、日本国内においても同マルウェアを観測したことを明らかにした。

同マルウェアの拡散について、同社では協定世界時10月24日10時前後より観測。ピークを迎えたのはそれから約2時間後で1時間あたり400件以上を検知した。

観測された国を見ると「ロシア」が86%と大半を占める状況だが、3%と少ないものの次いで多く観測されたのが「日本」だったという。以降、「ブルガリア(2%)」「ウクライナ(1%)」「米国(1%)」と続く。

「Bad Rabbit」に関しては、ESETやFireEyeなども国内においてドロッパーを確認したことを明らかにしている。

20171026_sy_001.jpg
検知数の推移(グラフ:Symantec)

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査