Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出

20171025_es_001.jpg
攻撃の踏み台となったサイト。一部伏せ字や括弧が追加されている(画像:ESET)

「Petya」への類似性が指摘されている新種ランサムウェア「Bad Rabbit」だが、ESETによれば、同社の観測では日本が検出国の上位5番目に入ったという。

同社における検知状況を見ると、65%と大半を「ロシア」が占めるが、「ウクライナ(12.2%)」「ブルガリア(10.2%)」などでも多く検知されている。

4番目以降はいずれもひと桁台だが、「トルコ(6.4%)」に続き、「日本」も3.8%にのぼった。ESETにくわえ、FireEyeも早い段階から日本が攻撃対象になっていたと指摘している

一方トレンドマイクロによれば、同社クラウド基盤ではロシアの110台を中心に、カザフスタンの3台、ウクライナの1台と、あわせて114台で同ランサムウェアのドロッパーと見られるファイルを検出したが、国内利用者からは検出されていないという。

(Security NEXT - 2017/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験