Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施

国内ユーザーの4割弱が、パソコンのウェブカメラをカバーで覆い隠すなど、第三者からの覗き見対策を実施していることがわかった。

Avastが、10月2日から5日にかけて、国内の同社製品ユーザーを対象にオンライン調査を実施し、結果を取りまとめたもの。1354人が回答した。

パソコンのウェブカメラを乗っ取られ、生活の様子などを覗き見されることについて、「とても心配している(24.5%)」「やや心配している(40.3%)」など、あわせて64.8%の回答者が懸念を抱いていたという。また38.6%は、ウェブカメラを物理的に覆い隠すなど、覗き見対策を講じていた。

またウェブカメラの乗っ取りに関する認知度についても質問しており、カメラ起動時のライトを点灯させずに覗き見されるおそれがあるか尋ねたところ、43.6%は認知していた。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集