Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加

2017年第3四半期のインシデント件数は、前四半期を554件下回る4811件だった。一方でフィッシングサイトとマルウェアサイトが増加している。

20171012_jp_001.jpg
インシデント件数などの月別推移(表:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期に報告を受けたインシデントの状況について取りまとめたもの。

同四半期のインシデント件数は4811件で、前四半期の5365件から554件減少した。

サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は2234件。2553件だった前四半期を同じく下回っている。

月別にインシデント件数の推移を見ると、7月の1771件をピークに8月は1587件、9月は1453件と減少傾向が続いた。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック