Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス

ソリトンシステムズは、組織が利用するアカウント情報の流出状況を調査するサービスを提供開始する。

「漏えいアカウント被害調査サービス」は、組織のIDやメールアドレス、パスワードなどの漏洩状況を調査するサービス。不正アクセスなどにより窃取されたアカウント情報について、公開されている情報をもとに調査を実施する。

対象となるデータは、50件以上の事件で25億件のアカウント情報、「.jp」ドメインに限っては約1200万件が含まれるとしている。

報告書では、調査対象となった事件の概要のほか、調査対象のドメインについてサブドメイン単位、個別アカウントについて報告。料金は、1ドメインあたり54万円。2017年内はキャンペーン価格として、1ドメインあたり21万3840円で提供する。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信後の対応、「上司に報告」2割強
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
国内主要上場企業の約半数がDMARC導入 - 対象ドメインの12.1%
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増