Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、政府の研究開発事業における自動車自動走行システムの情報セキュリティ分野で、対攻撃性能を検証する評価手法や評価ガイドラインの策定に取り組むことを明らかにした。

政府では2014年度より、研究開発事業「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」を推進。同事業の管理法人である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より、自動走行システムの大規模実証実験における情報セキュリティに関する取り組みについて受託したもの。

2017年度は、自動走行における車両のセキュリティ脅威の調査と分析を行い、国際標準化も視野に入れた車両の対攻撃性能を検証するセキュリティ評価手法を策定。2018年度には、策定した評価手法を用いて実証実験を行い、評価手法の検証を踏まえてセキュリティ評価ガイドラインの策定を目指す。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明