Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供

日立製作所と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、制御システム向けにあらたなサイバー攻撃の検知アルゴリズムを開発した。12月をめどに実用化を目指している。

今回開発したのは、正常なシステム状態を多層的に定義し、異常を検知するアルゴリズム。内閣府が進める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のもと、重要インフラ分野における制御システムのセキュリティ強化を目的に研究を進めてきた。

同技術では、入力された正常時のデータを分析。要素や値などの組みあわせについて正常値と定義し、これら定義の自動生成を繰り返すことで多層的な監査アルゴリズムを構成し、システムの異常を検知する。

くわえて、あらたに開発した独自の機械学習エンジンにより、構成の変更や機能追加によるシステムの差分を自動的に反映できるという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス