Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都、不正アクセス被害の宅建事業者検索サイトを再開 - 5カ月半ぶり

東京都は、外部から不正アクセスを受けて停止していた「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」を再開した。

同システムは、インターネット経由で宅建事業者の免許情報を検索できるサービス。宅建事業者に関する商号や免許証番号、有効期限、所在地、資本金、代表者の氏名、監督処分情報などが保存されている。

同システムのウェブサーバが不正アクセスを受けたことが判明したため、4月11日よりサービスを停止していた。

その後、ソフトウェアの脆弱性を修正し、システムの監視体制と運用方法を見直すなど、セキュリティ対策を実施。9月29日13時より再開した。

(Security NEXT - 2017/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
ヘアアクセサリ通販でクレカ情報4538件が流出 - 9割超は不正カード情報
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
富士通のプロジェクト情報共有ツール、129組織で情報流出
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA