Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都の宅建事業者検索サイトに不正アクセス - 原因の詳細を調査中

東京都が提供する「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」が外部から不正アクセスを受けたことがわかった。現在サービスを停止し、くわしい原因を調べている。

同システムは、インターネット経由で宅建事業者の免許情報を検索できるサービス。4月10日に同システムのウェブサーバに対する大量の通信を検知。その後の調査で不正アクセスを受けていたことが判明し、4月11日17時過ぎにシステムを停止した。

同システムには、宅建事業者に関する商号や免許証番号、有効期限、所在地、資本金、代表者の氏名、監督処分情報などが保存されていた。

東京都では、詳細について調査を進めているが、再開時期は未定。宅建事業者の検索については、国土交通省が用意する検索システムを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
不正アクセスで顧客情報4.9万人流出の可能性 - 東商マート
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ
フォレンジック調査で個人情報流出が確定 - GMO-PG