Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円

組織の約4割が、2016年にインシデントによる重大被害を経験し、年間の平均被害額は2億3177万円だったとする調査結果をトレンドマイクロが取りまとめた。

20170915_tm_002.jpg
重大被害を経験した割合(グラフ:トレンドマイクロ)

同社が6月末にインターネットで調査を実施し、取りまとめたもの。企業や官公庁、自治体におけるセキュリティ対策の意思決定者および意思決定関与者を対象に実施し、1361人が回答した。

同社では、情報漏洩、ランサムウェアによるデータ暗号化、金銭詐欺などを「重大被害」と定義。2016年の1年間に41.9%が重大被害を経験していたという。

最多は「従業員、職員に関する個人情報漏洩」で14.2%。次いで「顧客情報の漏洩(10%)」「業務提携先情報の漏洩(8.1%)」「ランサムウェアによるデータ暗号化(7.6%)」と続く。

(Security NEXT - 2017/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも