Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で

Adobe Systemsは、不具合やホットフィクスで一時修正前に戻した脆弱性を解消するため、「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデートを公開した。

同社が8月8日に公開したアップデートで生じた「XFAフォーム」における不具合や、ホットフィクスで修正前に戻した脆弱性を解消するアップデートをあらためて用意し、リリースしたもの。

8月8日のアップデートリリース後、一部ユーザーにおいて機能的な不具合が再発。同社では同不具合へ対処するため、同アップデートで修正した「CVE-2017-11223」に対し、一時的に修正前へ戻すことができる「Hotfix for 2017.012.20093」「Hotfix for 2017.011.30059」「「Hotfix for 2015.006.30352」を8月11日に公開していた。

これら問題を解決した最新のアップデートは、「同DC」の「Continuous(連続トラック)」向けとなる「同2017.012.20098」、「Classic(クラシックトラック)」向けの「同2015.006.30355」、「同2017」向けの「同2017.011.30066」となる。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正