Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要

作成されたアプリは、端末へインストールされると画面をロック。解除コードを入力するテキストフィールドを表示して金銭が要求される。

同アプリにランサムウェアを拡散させる機能などは用意されておらず、感染を広げる技術に関しては攻撃者に依存するという。

シマンテックによれば、こうしたアプリは、2017年初頭ごろより出回っており、中国語圏を対象に配布されているが、他言語への対応も比較的容易であり、今後流通する可能性があると指摘している。

(Security NEXT - 2017/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
「LockBit」の被害ファイルを復号できるかチェックするツール
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
ランサム攻撃で一部サーバが暗号化 - 車両用部品メーカー
経営者が想定すべきインシデント発生時のダメージ - JNSA調査