Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要

作成されたアプリは、端末へインストールされると画面をロック。解除コードを入力するテキストフィールドを表示して金銭が要求される。

同アプリにランサムウェアを拡散させる機能などは用意されておらず、感染を広げる技術に関しては攻撃者に依存するという。

シマンテックによれば、こうしたアプリは、2017年初頭ごろより出回っており、中国語圏を対象に配布されているが、他言語への対応も比較的容易であり、今後流通する可能性があると指摘している。

(Security NEXT - 2017/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信