Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要

プログラミングなどの技術的な知識を持たなくとも、Android端末を標的としたランサムウェアを容易に作成できるAndroidアプリが出回っている。

20170828_sy_001.jpg
作製アプリの設定画面(画像:シマンテック)

専門知識がなくとも短時間にランサムウェア「Lockdroid」と同様の亜種を作成できるAndroidアプリをシマンテックが確認したもの。

同社によれば、アプリそのものは無料で配布されており、コミュニティで公開されていたほか、広告など通じて配布されていたという。

アプリのインターフェースより、アイコンや解除キーなど、複数のオプションを指定することで独自のランサムウェアにカスタマイズすることが可能。

生成する際にサービスへ登録するよう促され、支払いが完了すると、以降はマルウェアを無制限に作成できる。

(Security NEXT - 2017/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD
医療機関向け給食施設でランサム感染 - 委託元被害の関連性は調査中
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
大阪急性期・総合医療センターにサイバー攻撃 - 電子カルテが被害
ランサム被害、侵入経路はVPN機器の脆弱性 - 日本盛