Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要

プログラミングなどの技術的な知識を持たなくとも、Android端末を標的としたランサムウェアを容易に作成できるAndroidアプリが出回っている。

20170828_sy_001.jpg
作製アプリの設定画面(画像:シマンテック)

専門知識がなくとも短時間にランサムウェア「Lockdroid」と同様の亜種を作成できるAndroidアプリをシマンテックが確認したもの。

同社によれば、アプリそのものは無料で配布されており、コミュニティで公開されていたほか、広告など通じて配布されていたという。

アプリのインターフェースより、アイコンや解除キーなど、複数のオプションを指定することで独自のランサムウェアにカスタマイズすることが可能。

生成する際にサービスへ登録するよう促され、支払いが完了すると、以降はマルウェアを無制限に作成できる。

(Security NEXT - 2017/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査