Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」

PFUは、ネットワーク通信からサイバー攻撃を可視化するアプライアンス「iNetSec MP 2040」を販売開始した。

同製品は、ミラーポートに接続してネットワーク通信を監視し、サイバー攻撃のプロセスを分析、可視化するセキュリティアプライアンス。

開発にあたっては、同社のSOC運用におけるノウハウを活用。ログの収集、分析といった調査に必要な作業を自動化しており、サイバー攻撃のプロセスを時系列で表示できるほか、インシデント対応における優先順位付けなども行えるという。

同社は、今後3年間に30億円の売上を目指して同製品を展開していく。

20170727_pf_001.jpg
「iNetSec MP 2040」の構成(図:PFU)

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
自社開発エンジンによる「ASMツール」を提供 - GMOサイバーセキュリティ
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放
「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
「CIS Controls」を用いたセキュリティ対策のアセスメントサービス
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始