Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」

PFUは、ネットワーク通信からサイバー攻撃を可視化するアプライアンス「iNetSec MP 2040」を販売開始した。

同製品は、ミラーポートに接続してネットワーク通信を監視し、サイバー攻撃のプロセスを分析、可視化するセキュリティアプライアンス。

開発にあたっては、同社のSOC運用におけるノウハウを活用。ログの収集、分析といった調査に必要な作業を自動化しており、サイバー攻撃のプロセスを時系列で表示できるほか、インシデント対応における優先順位付けなども行えるという。

同社は、今後3年間に30億円の売上を目指して同製品を展開していく。

20170727_pf_001.jpg
「iNetSec MP 2040」の構成(図:PFU)

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス