Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」

PFUは、ネットワーク通信からサイバー攻撃を可視化するアプライアンス「iNetSec MP 2040」を販売開始した。

同製品は、ミラーポートに接続してネットワーク通信を監視し、サイバー攻撃のプロセスを分析、可視化するセキュリティアプライアンス。

開発にあたっては、同社のSOC運用におけるノウハウを活用。ログの収集、分析といった調査に必要な作業を自動化しており、サイバー攻撃のプロセスを時系列で表示できるほか、インシデント対応における優先順位付けなども行えるという。

同社は、今後3年間に30億円の売上を目指して同製品を展開していく。

20170727_pf_001.jpg
「iNetSec MP 2040」の構成(図:PFU)

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ