Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT製品の品質指針を検討するWG発足 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、IoT製品の品質確保に向けて指針を検討する「つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループ」を発足した。

同WGは、IoT機器やシステムの品質確保に向けた指針を整備する目的で発足。設計工程における品質確保や、テスト工程における検証評価、およびそれらの管理について検討し、2017年度末をめどにIoT製品および関連システムの品質確保に向けたガイドブックの作成を目指している。

同機構では2016年3月、IoT製品の開発において考慮すべきリスクや対策について指針を示した「つながる世界の開発指針」を策定。これに対し、今回発足したWGでは、IoT製品の品質確保にフォーカス。各業界の有識者から意見を集約し、分野横断的に活用できる指針としたい考え。

20170724_ip_001.jpg
つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループにおける検討領域(図:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTデータベース「Apache IoTDB」にサービス拒否のおそれ
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS