Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT製品の品質指針を検討するWG発足 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、IoT製品の品質確保に向けて指針を検討する「つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループ」を発足した。

同WGは、IoT機器やシステムの品質確保に向けた指針を整備する目的で発足。設計工程における品質確保や、テスト工程における検証評価、およびそれらの管理について検討し、2017年度末をめどにIoT製品および関連システムの品質確保に向けたガイドブックの作成を目指している。

同機構では2016年3月、IoT製品の開発において考慮すべきリスクや対策について指針を示した「つながる世界の開発指針」を策定。これに対し、今回発足したWGでは、IoT製品の品質確保にフォーカス。各業界の有識者から意見を集約し、分野横断的に活用できる指針としたい考え。

20170724_ip_001.jpg
つながる世界の品質指針検討ワーキング・グループにおける検討領域(図:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
総務省、「スマートシティセキュリティガイドライン第3.0版」を策定
セイコーSOL製LTE対応IoTルータに深刻な脆弱性 - ファームウェアの更新を
国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
11月15日より「EdgeTech+ 2023」を開催 - セキュリティ関連の出展も