Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス

IIJグローバルソリューションズは、海外拠点のセキュリティを運用、管理するサービス「Secure de! World」を提供開始した。

同サービスは、シスコシステムズ製のUTMを活用した海外拠点のセキュリティ対策サービス。海外に進出している日系企業向けに機器のほか、機器の監視、日本語によるヘルプデスクなどを提供する。

海外拠点のネットワークに設置したUTMでは、マルウェア対策、ファイアウォール、ウェブフィルタリング、不正侵入対策などを提供。クラウド型の統合管理ポータルにより、日本国内から運用状況の確認や、セキュリティポリシーの設定が行える。

料金は、30ユーザーの拠点で利用する場合、初期料金が29万7540円から。月額利用料が1万368円から。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ローコード開発ツール」のセキュリティガイドライン策定支援サービス
大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
サイバー攻撃に対するBCPの策定を支援 - ニュートン・コンサル
「CRI Profile」を踏まえた金融機関向けセキュリティ監査サービス
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル