Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス

IIJグローバルソリューションズは、海外拠点のセキュリティを運用、管理するサービス「Secure de! World」を提供開始した。

同サービスは、シスコシステムズ製のUTMを活用した海外拠点のセキュリティ対策サービス。海外に進出している日系企業向けに機器のほか、機器の監視、日本語によるヘルプデスクなどを提供する。

海外拠点のネットワークに設置したUTMでは、マルウェア対策、ファイアウォール、ウェブフィルタリング、不正侵入対策などを提供。クラウド型の統合管理ポータルにより、日本国内から運用状況の確認や、セキュリティポリシーの設定が行える。

料金は、30ユーザーの拠点で利用する場合、初期料金が29万7540円から。月額利用料が1万368円から。

(Security NEXT - 2017/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き