Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Phone 8.1」など複数MS製品がサポート終了

「Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007」や「Windows Phone 8.1」など、マイクロソフトの複数製品が7月11日にサポートを終了する。

同日にサポートが終了するのは13製品。同日以降は、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなる。

2017年は4月11日に「Windows Vista」のサポートが終了したほか、「Office 2007」のサポート終了が10月10日に控えている。

7月11日にサポート終了へ移行する製品は以下のとおり。

Engyro Product Connectors for Microsoft System Center Operations Manager 2007
Microsoft Identity Lifecycle Manager 2007
Microsoft Integration Designer 2.5
Microsoft Intelligent Application Gateway 2007
Microsoft ProClarity Analytics Server 6.3
Microsoft ProClarity Desktop Professional 6.3
Microsoft ProClarity SharePoint Viewer 6.3
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.1 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization 4.2 for Desktops
Microsoft SoftGrid Application Virtualization for Terminal Services 4.1
Microsoft Virtual PC 2007
Microsoft Visual SourceSafe 2005 Standard Edition
Windows Phone 8.1

(Security NEXT - 2017/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の脆弱性5件を修正 - 「同7」の延長サポートが終了
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
2021年末で「CentOS 8」のサポートが終了 - リリースからわずか2年強
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も