Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ

マイクロソフトが提供する「Office 2007」や「SharePoint Server 2007」のサポート終了が10月に迫っている。「Office for Mac 2011」についてもサポートが終了となる。

20170710_ms_001.jpg
移行を呼びかける日本MS

同社では製品発売後、メインストリームサポート5年間と、延長サポート5年間のあわせて最低10年間のサポートを提供するとしており、「Office 2007」および「SharePoint Server 2007」に関しては、2012年10月9日にメインストリームサポートを終了した。

その後移行した延長サポートについても、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたる10月10日に終える。

同日に公開される月例セキュリティ更新が最後のアップデートとなる見込みで、サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性を修正できなくなることにくわえ、脆弱性の有無についても公表されなくなる。

(Security NEXT - 2017/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

既知の「Office」脆弱性を狙うメールが流通 - あらためて更新済みか確認を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ