Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今週でサポート終了の「Windows Vista」 - 数十万台規模が国内で稼働か

「Windows Vista」が、米時間4月11日の月例セキュリティ更新を最後にサポートの終了を迎えるが、3月の時点で同OSを搭載した端末が国内で少なくとも14万台以上稼働していたことがわかった。

20170410_wv_001.jpg
トレンドマイクロの個人向け製品利用者における「Windows Vista」の稼働数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

「Windows Vista」は、2007年1月25日よりサポートが提供されていたが、5年前の2012年4月10日にメインストリームサポートが終了。

現在提供中の延長サポートについても4月11日を最後に終了する。

脆弱性データベースである「JVN iPedia」では、「Windows Vista」に関して2015年に137件、2016年に128件と100件を超える脆弱性が登録されている。依然として多数の脆弱性が見つかっており、今後もあらたな脆弱性の影響を受けることが予想される。

一方サポート終了後は、脆弱性を修正するためのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなることはもちろん、「Windows 8.1」など、サポート中のOSにあらたな脆弱性が見つかった場合も、「Windows Vista」に対する影響については、情報が提供されなくなる。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース