Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令

総務省は、代理人が携帯電話を契約した際、携帯電話不正利用防止法に定められた方法で本人確認を行わなかったとして、ソフトバンクに対し、是正を命じた。

同省によれば、ソフトバンクの一部店舗において、2014年9月から同年11月までの間、35件の契約で代理人の本人確認を怠ったという。同省では27日付けで、同社に対し違反の是正を命じた。

振り込め詐欺など携帯電話の不正利用を防止するため、同法では、携帯電話の新規契約や名義変更の際に本人確認を行うことを義務付けており、代理人による契約の場合は代理人についても本人確認が必要となる。

(Security NEXT - 2017/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化