Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯契約時の代理人本人確認に不備 - ソフトバンクに是正命令

総務省は、代理人が携帯電話を契約した際、携帯電話不正利用防止法に定められた方法で本人確認を行わなかったとして、ソフトバンクに対し、是正を命じた。

同省によれば、ソフトバンクの一部店舗において、2014年9月から同年11月までの間、35件の契約で代理人の本人確認を怠ったという。同省では27日付けで、同社に対し違反の是正を命じた。

振り込め詐欺など携帯電話の不正利用を防止するため、同法では、携帯電話の新規契約や名義変更の際に本人確認を行うことを義務付けており、代理人による契約の場合は代理人についても本人確認が必要となる。

(Security NEXT - 2017/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
5月のフィッシング報告、前月比34.6%増 - 過去3番目の規模に
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
FC会員情報含むUSBメモリを撮影会場で紛失 - 新日本プロレス
メンテナンス中に本人確認資料画像データを誤消去 - 琉球銀
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「メルカリ」利用者狙うフィッシング - 本人確認サービスへ誘導
「Apple」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
YKK APのECサイトで不正注文、サイトを一時停止 - 情報流出は否定
個情委、公金受取口座の誤登録問題でデジタル庁に行政指導