Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中

日本マクドナルドのシステムで障害が発生し、一部サービスが利用できない状態となっていた問題で、同社は6月21日にほぼ復旧したと発表した。

同社システムにマルウェアが感染し、6月16日未明より全国の店舗において電子マネーやポイント、宅配サービス「マックデリバリー」などが使用できない状態が発生していた。

同社によれば、6月21日にほぼ全店舗においてサービスが復旧した。ただし、一部店舗では現在もサービスが利用できないという。同社は店舗固有の問題と説明しており、引き続き原因究明を進める。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒