Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中

日本マクドナルドのシステムで障害が発生し、一部サービスが利用できない状態となっていた問題で、同社は6月21日にほぼ復旧したと発表した。

同社システムにマルウェアが感染し、6月16日未明より全国の店舗において電子マネーやポイント、宅配サービス「マックデリバリー」などが使用できない状態が発生していた。

同社によれば、6月21日にほぼ全店舗においてサービスが復旧した。ただし、一部店舗では現在もサービスが利用できないという。同社は店舗固有の問題と説明しており、引き続き原因究明を進める。

(Security NEXT - 2017/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
小説投稿サイト「カクヨム」に偽サイト - 正規サイトからデータを取得して表示
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
「Pulse Secure Connect」を侵害するマウルウェアレポート5件を公開 - 米政府