Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクドナルドのシステムがマルウェア感染 - 電子マネーやポイントを利用できず

日本マクドナルドのシステムにマルウェアが感染し、全国の店舗において電子マネーやポイントなどが使用できない状態が発生している。

20170620_ma_001.jpg
日本マクドナルドのウェブサイト

同社によれば、店舗におけるネットワークシステムの一部がマルウェアに感染したもの。商品購入時に「dポイント」「楽天スーパーポイント」といったポイントサービスや、「WAON」「iD」をはじめとする電子マネーが使用できない状態だという。また、デリバリーサービスについても影響が出ている。

同社が原因を調べたところ、6月19日にマルウェアの感染によるものと判明した。同社では、現在も復旧作業を進めている。営業に関しては引き続き行っており、店舗やスマートフォン用公式アプリ、ウェブサイトなどは利用できる。また情報漏洩などは、現時点で確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2017/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
通販サイト「ZOZOTOWN」でシステム障害 - 原因はDBトラブル
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
Z会の新年度向けシステムがシステム障害 - 申込受付を停止
琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止
「Yahoo!ツールバー」がアップデート - マルウェア判定問題に対応
「Windows Defender」が「Yahoo!ツールバー」を誤検知か - 原因調査中
Windows 10のメジャーUDで一部ESET製品に不具合 - マルウェア対策がオフに
「GOM Player」や関連製品のアップデートサービスを一時停止 - グレテック