Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者

情報処理推進機構(IPA)は、8月に都内で開催する「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者82人を決定した。

同大会は、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて、知識や技術を習得することを目的とした学生対象の合宿イベント。2004年度より毎年開催しており、今回で14回目。これまで581人が参加している。

8月14日から18日まで開催予定の2017年度大会には、310人の応募があり、選考を経て82人が参加者に決定。1コマ4時間の講義を任意に選択する「選択コース」が51人、1つのテーマに集中して取り組む「集中コース」が31人だった。

選考通過者の特徴を見ると、3割にあたる26人が地方大会の参加経験者だった。選考通過者の平均年齢は20.02歳で、今回はじめて20歳を超えた。66%にあたる54人が20歳以上だった。一方で集中コースには、10歳と11歳の小学生の参加者がいるという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省