Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空

新関西国際空港は、空港周辺の防音対策の一環で空調機器の一部交換費用を助成する事業において、従業員が特定の業者に対し、対象地域内の工事履歴などを漏洩していたことを明らかにした。

同事業は、関西エアポートより同社が委託を受けて行っているもの。同社によれば、2015年6月から10月ごろにかけて、兵庫県伊丹市と川西市、および大阪府豊中市の対象地域に所在する住宅2559件について、空調機器の更新に関する助成工事の有無と実施年月日を関西エコテックに提供していたという。

同社では、対象となる住民に対し謝罪の書面を送付。問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会
高齢者福祉サービスの利用者情報が流出、委託先に不正アクセス - 港区
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
ファッション情報サイトに不正アクセス - 登録会員情報が流出か
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙