Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空調機器工事の助成事業で業者に個人情報を漏洩 - 新関空

新関西国際空港は、空港周辺の防音対策の一環で空調機器の一部交換費用を助成する事業において、従業員が特定の業者に対し、対象地域内の工事履歴などを漏洩していたことを明らかにした。

同事業は、関西エアポートより同社が委託を受けて行っているもの。同社によれば、2015年6月から10月ごろにかけて、兵庫県伊丹市と川西市、および大阪府豊中市の対象地域に所在する住宅2559件について、空調機器の更新に関する助成工事の有無と実施年月日を関西エコテックに提供していたという。

同社では、対象となる住民に対し謝罪の書面を送付。問い合わせ窓口を設置し、対応を進めている。

(Security NEXT - 2017/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大