Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎの裏で情報窃取マルウェアがメールで大量拡散 - 半数は「駐禁報告書」偽装

一連の攻撃は、「Gozi」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られる不正送金マルウェア「Ursnif」を感染させることが目的だったと見られる。

同マルウェアは、当初オンラインバンキングの利用者のみを対象としていたが、銀行、信用金庫をはじめ、クレジットカード会社、検索エンジン、ショッピングサイトなど、少なくとも37のサービスを対象とするなど、情報窃取の対象を広げている。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀