Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども

ホンダ・リサーチ・インスティチュートは、人工知能におけるセキュリティ分野で米ボストン大学と共同研究を開始した。

同社によれば、AIのセキュリティ領域における研究を加速させるため、米ボストン大学のコンピューティング&計算科学・工学ラフィク・ハリリ研究所と共同研究のプロジェクトを展開。Azer Bestavros特別教授やBernhard Sendhoff博士などがプロジェクトの指揮を執る。

手はじめに、データを秘匿したまま計算処理を行う暗号化技術の1つである「セキュアマルチパーティーコンピューテイション」を用いたデータプライバシーコントロール技術の研究を5月より開始。

昨今、利用者の個人情報をもとにしたレコメンデーション機能が活用されているが、利用者はどの情報が利用されているか把握できない場合があることから、同研究では、個人情報の共有を利用者自身がコントロールできるデータセキュリティ技術の実現を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
NETSCOUTとNTTコム、DDoS攻撃対策で共同研究
IoT機器の脅威管理技術で共同研究 - ラックと長崎県立大
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携