Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード

くわえて同社は、「WannaCrypt」の感染経路に言及。同マルウェアを世界各地へ拡散させるために利用された感染経路については、「確定していない」とした。ウェブサイト経由で拡散されたケースも確認されたが、本来の攻撃者と関係ない模倣犯の可能性があると指摘している。

また当初、同社は「WannaCrypt」について「CryptXXX」のファミリーであるとの見方を示していたが、同社製品において「CryptXXX」として検出されることがあるものの、「CryptXXXファミリー」の亜種であるとの表現は取り下げている。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介