Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「WannaCrypt」は「CryptXXX」亜種 - 標的型攻撃ではなく無差別攻撃

ネットワーク内で脆弱な端末へと感染を広げるワームの機能も備えたランサムウェア「WannaCrypt」への懸念が高まっている。セキュリティベンダーでは復旧ツールの開発に取り組んでいる。

20170515_wc_002.jpg
「WannaCrypt」の画面(画像:シマンテック)

「WannaCrypt」は、感染すると端末内のファイルを利用できないよう暗号化し、復旧を条件に金銭を要求。さらに7日後にはファイルを削除し、永久にファイルが失われるとしてBitcoinを支払うよう迫る。

米Symantecによれば、同ランサムウェアは「CryptXXX」ファミリーにおける新型の亜種だという。すでに複数の組織において被害が確認されているが、同社は現状確認されている感染活動について、不特定多数のユーザーに対してマルウェアを無差別に送りつけるキャンペーンであり、特定の企業を狙ったいわゆる「標的型攻撃ではない」と指摘している。

同社は、ランサムウェアへ感染した場合も金銭を支払わないよう推奨。「WannaCrypt」に対応した復号化ツールは、現状提供されていないが、同社では、開発を進めているとしている。

(Security NEXT - 2017/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版