Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減

同四半期に検出されたあたらしいランサムウェアは約37万件で、前期の約3分の1に縮小した。

ランサムウェア自体の検出数が減少したことや、「Locky」「CryptoWall」などの活動が衰退したことが背景にあるという。

20170421_ma_003.jpg
新種ランサムウェアの検出動向(グラフ:マカフィー)

ただし、ファイルレスで動作するランサムウェアは、件数へ反映されていない。

2016年通年で見ると425万件が検出され、前年比88%増となった。あらたなランサムウェアのファミリーは増加しており、引き続き注意が必要だという。

モバイルマルウェアに関しては、同四半期にあらたに検出されたのは約170万件で、前期から17%減少。2016年通年では、前年から99%の増加となった。

同四半期に10の主要ボットネットから配信されたスパムは、前期の24%減となる1億8100万件だった。2016年通年では9億3400万件のスパムが配信されている。

(Security NEXT - 2017/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入