Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeゼロデイ脆弱性に対する大規模メール攻撃、国内影響なし - 12日以降沈静化

マイクロソフトの「Office」に未修正の脆弱性「CVE-2017-0199」が判明し、パッチ提供の直前にメールを利用した大規模な感染活動が展開された問題で、トレンドマイクロは国内への影響がほとんどなかったことを明らかにした。

20170413_tm_002.jpg
ゼロデイ脆弱性を悪用しようとしたメール(画像:Proofpoint)

問題の脆弱性「CVE-2017-0199」は、「OLE2Linkオブジェクト」の処理に存在。

ファイルを開いて遠隔のサーバからデータを読み込む際、サーバ側で指定された「MIMEタイプ」に従って処理を行うため、任意のコードを実行されるおそれがある。

マイクロソフトでは米時間4月11日に公開した月例セキュリティ更新で同脆弱性を修正した

同脆弱性は1月以降、拡張子に「.doc」を用いたRTFファイルを悪用し、標的型攻撃に利用されたことが判明している。さらにスキャナ機器から送信されたように見せかけ、「Dridex」を感染させようとするメールが、パッチ公開直前にオーストラリアを中心に流通。Proofpointでは数百万件規模の攻撃を確認したとしている

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」