Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性44件を修正 - Officeゼロデイ脆弱性も解消

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新をリリースした。「Adobe Flash Player」に関する更新を除くと、CVEベースであわせて44件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「Windows」をはじめ、同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」や「Office」および「Office Servers」「Web Apps」のほか、「Silverlight」「.NET Framework」「Visual Studio for Mac」の脆弱性を修正した。

脆弱性の影響を見ると、リモートでコード実行が可能となる脆弱性のほか、情報漏洩、特権の昇格、サービス拒否などの脆弱性を解消した。環境によって異なるが、脆弱性の最大深刻度を見ると、「緊急」が13件、「重要」が29件、「警告」が2件となっている。

またFireEyeやMcAfeeより公表されたOfficeに関するゼロデイ脆弱性「CVE-2017-0199」についても、今回のアップデートで対処している。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート