Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性44件を修正 - Officeゼロデイ脆弱性も解消

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新をリリースした。「Adobe Flash Player」に関する更新を除くと、CVEベースであわせて44件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「Windows」をはじめ、同社ブラウザ「Internet Explorer」「Microsoft Edge」や「Office」および「Office Servers」「Web Apps」のほか、「Silverlight」「.NET Framework」「Visual Studio for Mac」の脆弱性を修正した。

脆弱性の影響を見ると、リモートでコード実行が可能となる脆弱性のほか、情報漏洩、特権の昇格、サービス拒否などの脆弱性を解消した。環境によって異なるが、脆弱性の最大深刻度を見ると、「緊急」が13件、「重要」が29件、「警告」が2件となっている。

またFireEyeやMcAfeeより公表されたOfficeに関するゼロデイ脆弱性「CVE-2017-0199」についても、今回のアップデートで対処している。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正